テーブルとイスの選び方

床に座るか、テーブル&イスにするかは、生活スタイルに会わせて。

 

床に座る

sw毎部屋にテーブルとイスを置くと、かなりのスペースをとってしまうので、低めのテーブルがベター。

 

和風テイストなら

部屋が和風テイストだったり、畳の部屋なら、床に座るのが自然。足が折り畳めるちゃぶ台なら趣がある上、片付けられて便利です。

 

大勢の友達が遊びに来るなら床に座るタイプ。友達が何人集まっても大丈夫。床にごろんと寝転ぶのも、気持ちいいです。

 

イス・ソファに座る

イスに座ってきちんとしたい

きちんとイスに座って食事をしたり、パソコンに興じたりしたいなら、テーブルとイスを用意しましょう。

 

ソファにくつろぎたい

部屋に帰って来て、フカフカのソファでほっとしたい、ソファに沈みながらテレビをみたいなどのときはソファを用意。お気に入りのくつろぎコーナーになります。

 

ダイニングスペースがある

キッチンが広い、ダイニングスペースがあるなどの場合は、テーブルとイスを置くとよさそうです。

 

 

テーブルの選び方

 

丸いテーブル

丸いテーブルなら、どこにでも吸われるので、友達が何人か集まったときに便利です。ただし、四角いテーブルに比べると、スペースが必要です。

 

棚がついたタイプも

テーブルの下に棚や引き出しがついているタイプのもの。新聞や雑誌などを入れておくと便利です。ただし、床まで棚になっていない、足が入れられるタイプのものを選びましょう。

 

四角いテーブル

スペースを有効に使いたいなら四角いテーブルがおすすめです。テーブルの端を壁に付ければ、部屋を広く使えます。

 

ソファを置くなら

 

直置きのソファ

独りがけ用のソファで床に直置きで切るタイプなら、狭い部屋でもあまり圧迫感を感じさせません。選ぶときは、必ず座り心地を確認します。

 

ソファベット

ソファにもベットにもなるソファベットなら、狭い部屋でも安心。選ぶときは、ベットの機能を重視した横長タイプのものがおすすめです。

 

座布団クッション

座布団の2〜3枚分の厚みのあるクッションなら、低いソファの感覚で座ることができます。座布団2枚をかあねて、布でくるんで使っても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です