ベットor布団

ベットにするか布団にするか、メリットでメリットを知って検討を。

 

ベット

昼間ほとんど家にいないならベット平日は帰りが遅く、休みの日も家にいるよりも出かけていることの方が多い行動派の人なら、ベットが便利です。

 

布団の収納スペースはある?

布団を収納できるようなクローゼットがない部屋も。畳んだ布団が外に出ているなら、ベットのほうがすっきりします。

 

マットレスだけにしても

大きなベットは邪魔になるので、マットレスを床に直置きしても。マットレスに短い足だけ付いたタイプもあります。

 

布団

友達がよく遊びにくるなら

布団をしまってしまえば、部屋を広く使えるのが大きくメリット。友達がよく尋ねてくる人なら、布団に決めても。

 

しばらくは布団も

ベットを新しく購入しなければならないなら、落ち着くまでは布団で。生活スタイルが決まってからでも遅くありません。

 

生活にメリハリをつけられる

布団をしまってしまえば食事やくつろぎ時間、布団を敷けば睡眠時間と、生活にメリハリをつけることができます。

 

寝心地のいい環境を作る

ナイトテーブルをスタンドライトを置いたり、メガネや読みかけの本、目覚まし時計を置いたりと、ナイトテーブルは、あると便利なアイテム。低めの棚やイスで代用してもいいでしょう。

 

横たわったとき、玄関が見えない位置に

ベットから玄関が丸見えでは、気になって寝れません。また、キッチンが丸見えというのも、落ち着かないもの。そんなときは、ベットの位置や向きを変えてみましょう。

 

シーツや枕カバーにこだわる

シーツ類は頻繁に買い替えるものではない上、何年も持つもの。肌が当たったときの気持ちよさを考えて、上質のコットンや麻のシーツ、枕カバーを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です