女性のひとり暮らしの為の引越し荷造り

スクリーンショット 2015 02 17 10 41 47

持っていくもの、置いていくもの

 

さて、荷造りです。持っていくものは最小限にとどめましょう。

 

すぐに使うかどうか基準に

持ちものをリストアップし、持っていくもの、置いていくものに分けましょう。すぐに使うか使わないかを判断基準にする。

 

持っていく

毎日の生活に必要なものを

布団や家具から、衣類、バック、靴、パソコン、化粧品、本、食器、タオル類など。毎日の生活に必要なものからリストアップ。

 

置いていく

季節ものや思い出のものなど

シーズンオフの衣類や家電、アルバムや記念品なども、とりあえず置いていきましょう。本やCDもできるだけ少なく。

 

思い切ってものを処分しよう

使わないものは要らないもの

新しい部屋に広さに限りがある。引越し前に、1年間使わなかったものは処分しよう。

 

部屋にテイストに合う?

今まで使っていたものが新しい部屋に合うが想像してみましょう。自分の思い描く部屋を作っていく過程こそ、ひとり暮らしの楽しさでもあります。

 

空間こそ気持ちのゆとり

のびのびできるできる空間を生み出すためにも、厳選したものだけを運びいれましょう。部屋がものであふれて芦野踏み場もない・・・・なんてことないように。

 

家電買うとき

洗濯機

4〜6キロのもので十分。乾燥機付きは便利ですが、値段が高くなる上、光熱費にも影響する。

 

電子レンジ

本格的な料理やお菓子作りをしたりしないのなら、食品を加熱するだけの単純機能のもので十分です。

 

冷蔵庫

自炊をするなら、200リットル以上のものを。冷凍庫もある程度の大きさがあるもののほうが役立ちます。

 

テレビ

画面は部屋の大きさに合わせて、大きすぎないものを。パソコンなどで代用できる場合も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です