引っ越し前の手続き

スクリーンショット 2015 02 09 17 24 01

いろいろなところに住所変更の連絡をしたり、あいさつにいったり・・・・・

 

タイムスケジュール

2〜1週間前

電話の新設住所票の移動郵便局に転居届荷造りスタート

 

3〜1日前

電気会社に連絡ガス会社に連絡水道局に連絡荷造り完了

 

当日

出発!近所へあいさつ

 

引っ越し後

転入届の提出各種住所変更転居案内の発送、新聞申し込みなど

 

電話の新設

「116」に電話すると、工事の予約ができます。ただし最近では、携帯電話だけで済ます人も多いようです。

 

住民票の移動

引っ越し前の市区町村の役所に出向いて転出届けを出し、転出証明書をもらいます。転出届は、引っ越し予定日の14日前からだすことができるので、早めに手続きをすませておくと安心です。まお、同じ市区町村での引っ越しなら、転居届けを出すだけ。転出届や転入届を提出する必要はありません。

 

郵便局に転居届

郵便局に備え付けてある転居届に記入して提出しておけば、1年間、郵便物を転送してくれます。

 

荷造りスタート

持っていくものとおいていくものを分類し、荷造りをはじめましょう。不要品は、リサイクルに出すなどして、少しずつ処分します。特に粗大ゴミは、回収まで日数がかかることもあるので、早めに連絡を。

 

電気会社に連絡

電気はすぐに使える場合が多いのですが、事前に利用開始日の連絡を。申し込み書は部屋においてあります。

 

ガス会社に連絡

ガスは、器具が地域の規格に合わないと危ないので、ガス会社の人の点検が必要です。引っ越しの当日に供給の立ち会いをしてくれるよう、事前に連絡を入れておきましょう。そうしないと、シャワーや湯舟にお湯が出ない・・・、お湯がわかせない・・・・なんてことも。電気と同様、申込書は部屋に置いてあります。

 

水道局に連絡

電気やガスと同様、水道も部屋に置いてある申し込み書で申し込みをしておきましょう。

 

転居案内を送る

年賀状をやり取りしている人には、新住所や電話番号などをはがきで伝えましょう。

 

転入届を出す

引っ越し付後14日以内に転出証明書を持って役所に出向き、転入届を提出します。

 

新聞申し込み

新聞を定期購読するなら、販売所へ連絡をしましょう。また、テレビを持っている人は、NHKに連絡し、受信料支払の手続きをします。

 

銀行などの住所変更

銀行や保険会社、切れじっとカード会社、携帯電話会社など、各種の住所変更をします。

 

運転免許証の住所変更

引っ越し先の所轄の警察署、または運転免許センターで住所変更の手続きをします。

 

健康保険や年金や年金の住所変更

引っ越し先の役所で、国民健康保険や国民年金の住所変更を。転居後14日以内に行います。なお、厚生年金の場合は、勤務先に変更届を提出します。こちらも、14日以内に行います。また、自動車を持っていれば、陸運局で登録変更しましょう。

 

ゴミの日をチェック

引っ越し後は何かとごみがでるもの、地域のごみの収集日を調べておきましょう。

 

引っ越しの挨拶

マンションやアパートから、両隣りの部屋と上下階の部屋、また、管理人さんと大家さんに手みやげをわたしておくといいでしょう。地域によって違いはありますが、だいたい5百円〜千円程度のことが多いようです。できるだけ相手の家も全員が在宅していそうな時間に、あいさつにいきます。

 

手みやげは洗剤などを手みやげは、選択洗剤や台所用洗剤、お菓子などがおすすめです。

 

好みのあるものは避けてタオルやハンカチなど、好みがある物は、あまりよくありません。

 

引っ越し前にしても引っ越し時の騒音のお詫びも兼ねて、「あ騒がせします」と、引っ越し前にあいさつを済ませてても。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です